Log in

Automatically log me in on future visits Password not working as expected? Reset your password.

ATA翻訳認定試験

IJET-25カンファレンスの翌日の2014年6月23日に、ATA翻訳認定試験が東京にて実施されます。

 

認定試験の受験手続きは、ATA本部によって行われます。受験料$300には、事務手続きと採点の費用がすべて含まれています。受験者は、受験資格を有していることの証明を提出する必要があります。試験登録の際には、同時にATAへの入会を申請することもできます。願書と受験料$300は、遅くとも試験の2週間前までにATA本部に届かなければなりません。それ以降の申し込みの受理については、定員に対する空きと試験問題の送付が間に合うかにより受理されるかが決定されます。受験資格がある場合、延長料金を追加した計$345を支払うことにより、申し込むことができます。

 

試験会場、部屋番号、開始時刻などの情報は、試験への申し込み後に受験者に通知されます。お申し込みをされる場合は、Certification Registration Formをプリントアウトし、ご記入の上、ATAに提出してください。

 

IJET-25カンファレンスでは、ワークショップも実施します。最新の情報は、こちらでご確認ください。

 

注:

1.受験者は、試験日の1カ月以上前にATA会員になっていなければならず、ATA認定資格を現在お持ちでない受験者は、試験の申し込みの際に、proof of eligibility (受験資格の証明)を提出しなければなりません。試験の定員には限りがあり、先着順でATA本部によって受理されます。大都市での試験は、試験日の数週間、場合によっては数カ月前に定員に達することがありますのでご注意ください。そのため、できるだけ早くお申し込みをされることをお奨めします。

2.試験は紙への筆記にて行われます。ノートパソコンや電子辞書などの電子機器を使用することはできません。携帯電話は、電源を切り、別の場所に保管します。

3.認定試験への資料の持ち込みは自由です。辞書、シソーラス、プリント、メモなどの参考資料を持ち込み、使用することはできますが、他の受験者と一緒に使うことはできません。

4.模擬試験は、1パッセージ$50.00(ATA会員)または$90.00(非会員)で受けることができます。受験の準備が十分にできているかどうかを確認するために、模擬試験を受けられることを推奨します。模擬試験は本番試験の時と同じように採点され、その結果が返ってきます。但し、これには8週間くらいかかりますので、ご留意ください。詳しくは、こちらをクリックしてください。

 
 
 
 
 
 

Follow us on Facebook

 
 

Follow us on Twitter