Log in

Automatically log me in on future visits Password not working as expected? Reset your password.

翻訳業界の未来とそのなかで翻訳者が取りうる道

 

翻訳業界の現状や将来について知りたい、また、そのなかで自分が進むべき道を考えたいと思うプロ翻訳者を対象としたセッションです。

 

まず、業界構造やその変化など、翻訳者を取り巻く状況について最新のデータを交えながら分析し、その先にある未来を予測します(日本語がからむ部分が主となります)。その上で、我々翻訳者の進む道としてどのような選択肢がありうるのかを考えます。

 

進む道は一人ひとり違うのが当たり前です。自分にとってなにがベストなのか、その場で考えていただきたいので、資料の事前配付はしないつもりです。また、売上高や単価など、生々しい話が少なからず出ることが予想されるため、セッションの録画・公開もしない予定です。

 

 

講演者略歴

 

井口耕二(Koji Inokuchi)

 

技術・実務翻訳者、翻訳フォーラム共同主宰、日本翻訳連盟常務理事。

 

学卒で大手石油会社に就職後、会社派遣で米国の大学院修士課程に留学。そののち、子どもが生まれた際、子育てに必要な時間のやりくりがつけられるようにと退職し、技術・実務翻訳者として独立。

 

以来17年にわたり、専業翻訳者として高品質な翻訳をめざして日々精進している。翻訳言語は英日・日英。最近は、『スティーブ・ジョブズ I・II』(講談社)、『ジェフ・ベゾス 果てなき野望』(日経BP)など、ノンフィクション書籍の翻訳が中心となりつつある。

 

翻訳者が幸せになれる業界の構築が必要だとして、日本翻訳連盟理事、翻訳フォーラム共同主宰など、業界全体を視野に入れた活動も続けている。

 

ブログ:Buckeye the Translator

 

日時:21日(土)13:15

 

部屋:608

 

 
 
 
 
 
 

Follow us on Facebook

 
 

Follow us on Twitter