名古屋大学大学院法学研究科教授(知的財産法)

鈴木將文

名古屋大学大学院法学研究科教授(知的財産法)。1958年生まれ。東京大学法学部卒業、ハーバード・ロー・スクール修了(LL.M.)。1981年から2002年まで、主に通商産業省(現・経済産業省)で、通商政策、知的財産政策、エネルギー政策などを担当し、法令の制定作業にも携わる。日本の司法修習修了、米国NY州弁護士。2002年から現職。

セッション

日本語法律関係文書の英訳に役立つ『立法』の知識

日本の法令の文言は、その立案の過程で、細心の注意を払って選ばれます。そして、日本は制定法令を重視する大陸法システムを採用しているため、法令の文言は、全ての法的文書にとって大変重要な意味を有しています。そのため、法的文書を翻訳する者にとっても、法令の条項の意味を正確に理解することが...

記事全文