Ben Tompkins

ベン・トンプキンス

1994年、現在在住している福岡の地で本格的に翻訳者としての仕事を開始。製薬およびバイオメディカル分野の翻訳を専門とする。トンプキンス・バイオメディカル・コミュニケーションズ株式会社の設立者であり、製薬会社や研究機関、大学に翻訳をはじめとする様々な言語サービスを提供している。2016年6月から2017年6月まで日本翻訳者協会(JAT)の理事長を務めるほか、英日・日英翻訳国際会議(IJET)の国内外での開催に3回にわたり携わっている。連絡先:ben@tompkinsbiomedical.com

セッション

PRE-IJET29: JAT製薬分科会セッション

本年度は全セッション参加型のものを目指したく、翻訳者の実地特訓になるプログラムを組ませていただきました。まずは昨年の11月のBen...

記事全文

メディカル翻訳者のためのCATツール入門:Felixの場合

医薬翻訳仲間から「CATツールは使っていない」と聞かされて驚くことがよくあります。使い方を覚えるのに時間がかかりそうで手が出しにくいのでしょうか。それとも、高額な投資に二の足を踏んでいるのでしょうか。このセッションでは、まずSDL...

記事全文