Daisuke Yanase

柳瀬大輔

農学部にて植物生理学を専攻。化学企業に20年間勤務、農薬の研究開発や医薬品中間体の品質管理を経験した後、2003年、語学力を活かして製薬企業に転進。10年間勤務し、安全性管理部門や、後には薬制部門に所属、英文メディカルライティングにたずさわる。現在翻訳会社にて医薬関連の翻訳および文書作成の監督と品質保証、人材育成を担当。英文作成の技能を、国外に住むことなくどこまで身に付けることができるかに挑戦中。

セッション

異言語の森を探索する:インターネットから直接学ぶ、辞書に載らない言葉の技

歴史や文化に色濃く染まった文学作品とはことなり、たとえば医薬などの科学技術を伝える文書は全世界のすべての言語に翻訳可能でなければならないはず。とは言うものの、これはたやすいことではありません。なにせ科学技術というものは、範囲も複雑さも広がり続けて止まるところを知らないからです。す...

記事全文