Daisuke Yanase

柳瀬大輔

Working for a Tokyo-based translation company, Daisuke Yanase is making the most of his colorful career. He studied plant physiology at university and thereafter spent the first 20 years of his working career at a chemical company, engaging in agrochemical research and development and pharmaceutical quality control. In 2003, he decided to try his English writing skills in a pharmaceutical company, for which he worked for 10 years, translating technical and regulatory documents between Japanese and English. His personal challenge is to acquire as much proficiency as possible in writing in English without living outside Japan.

セッション

自分で書いて身に着ける:模擬論文作成による疑似投稿経験のすすめ

技術翻訳に携わる人にとっては、学術論文の投稿経験があるに越したことはありません。とはいえ、そんな経験がなくても気に病むことはないのです。学術誌に投稿するつもりでライティングの技術を磨くことには、何の制限もないのですから。自分で興味を感じ、他人にも伝えたいと思う話題がいくつかあれば...

記事全文

2019年6月28日(金)製薬翻訳分科会

JATPHARMAミーティング&ワークショップは飲み物とスナック、昼食付きで2019年6月28日(金)に終日行われます。

JATPHARMAミーティング&ワークショップでは、希望者数名によるミニ・プレゼンテーション、柳瀬大輔氏によるトレーニングセッション(英語の抽象表現)、さら...

記事全文