Hiroshi Kato

加藤泰

梅田智弘: 翻訳会社社員、フリーランスの英日翻訳者を経て、現在は、株式会社テクノ・プロ・ジャパン社長(URL: http://www.techno-pro.jp)。さまざまなロールでの経験を武器に、社内外問わず、働きやすいチーム作りに奮闘。働き盛りの30代半ばにして親の介護が始まる。苦悩しつつも、仕事との両立の道を模索中。

加藤泰: 大学卒業後、飲食店に勤務。店長やエリアマネージャーなどを経て、心と数字をリンクさせた経営視点を学ぶ。3年間の寿司職人経験を経た後、テクノ・プロ・ジャパンに入社。コーディネーター・人材採用などを経て、現副社長。本業の傍ら、Airbnbをはじめ、パラレルキャリアを模索中。

上田毅木: 大学進学塾で正社員として15年勤めた後、フリーランス翻訳者に転身。7年間のフリーランス期間を経て、テクノ・プロ・ジャパンに入社。弊社ブログでは、独自の視点で日常的なものを切り取る妙味のある記事を掲載している。

セッション

人生100年時代のサバイバル – 翻訳会社メンバーによる3つの事例

AIの発達による仕事の消失。超高齢化社会の到来と社会保障制度の限界による各世代への負担の増大。働き盛り世代の将来への不安は大きく、しかし、限られた日々の時間の中で私たち一人一人ができるチャレンジには限界が。

私たちは、都内にオフィスを構えるこじんまりとした翻訳会社のメンバーです...

記事全文