Junko Ichikawa

市川純子

東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒業。クイーンズランド大学日英通訳翻訳修士課程(MAJIT)修了。NAATI会議通訳者(レベル4)、翻訳者(レベル3)の資格取得。日本で社内同時通訳者として勤務後、フリーとなる。分野はビジネス、外交、エネルギー・資源、法律、医療、歯科など。日豪石炭会議、世界保健機関(WHO)地域委員会、ブリスベンL20サミット(@G20サミット)、NZウェリントン教職サミットなどの国際会議の経験もある。2004年~2012年 NAATI Examiner Board (Japanese) の一員。2008年~現在 クイーンズランド大学MAJITコース非常勤講師。同大学博士課程(PhD)在学中。

セッション

会議通訳とサイト・トランスレーション

サイト・トランスレーション(以下サイトラ)は、書記テキストを音声テキストに訳出する作業であり、通訳と翻訳の両方の特徴を併せ持つハイブリッドとして表現される。通訳の現場においては頻繁に使用されるテクニックであり、会議通訳、コミュニティ通訳(リーガル・医療分野)などでも使用される重要なスキルである。特に会議通訳においては、事前に原稿やスライドが提供される場合があり、同時通訳をサイトラで行う機会も多い。その場合、特に精度の高い同時通訳が求められるが、情報入力が視覚(書記)と聴覚(音声)の両方となり、同時に言語変換(訳出)を行わなくてはならず、非常に認知負荷の高...

記事全文