Akira Iwasaka

Akira Iwasaka

BIO

1958年生まれ。ノンフィクション翻訳家。京都大学文学部哲学科卒。編集者として8年間教科書出版社に勤務した後、フリーランスに。精神医学・脳科学系の一般書・専門書の翻訳と、新聞・雑誌・ニュースサイト向けの報道記事翻訳の二足のわらじを履く。1990年代末からサブカルチャー系ニュースサイトWiredや、National Geographicウェブ版ニュース、経済誌The Economistなどの翻訳に携わり、現在は全国紙向けにFinancial Times記事を毎週翻訳している。関西大学非常勤講師。フェローアカデミー講師。訳書リストと連載コラムを含む個人ウェブサイトは<http://aiwasaka.parallel.jp/> 

Sessions

報道翻訳の理想とは

海外メディア記事の翻訳への需要は、ウェブ上での記事掲載が始まった1990年代末から爆発的に増えました。2000年代半ば以降はやや落ち着いたように感じられますが、紙媒体とウェブ媒体を合わせ、ニュース記事や分析記事の翻訳は、社会経済、IT、科学のほか、医療や各種工学的専門分野に至るま...

Read more...