日本翻訳者協会(JAT)が主催する年1回のイベント、IJET(International Japanese-English Translation Conference,英日・日英翻訳国際会議)が、2014年6月21日~22日に東京ビッグサイトで開催されました。今回で25回目を迎えたIJETは初の東京開催となりましたが、日本国内はもとより、北米、オセアニア、ヨーロッパ、アジアの各国から700人を超える参加者が集まりました(講演者、基調講演一般参加者を含む)。プレゼンテーション、パネルディスカッション、ワークショップなどのセッション数は合計67に及び、10トラックで同時進行となりました。

 

 

基調講演では、『赤毛のアン』シリーズの翻訳者として知られる村岡花子氏の孫娘であり作家でもあられる村岡恵理氏に、「村岡花子-『赤毛のアン』翻訳に託した未来の希望」と題して、英語が敵性語とされた時代に空襲におびやかされながらも戦火の中で『赤毛のアン』を密かに訳し続けた花子の半生と、その訳文の色あせることのない魅力についてお話しいただきました。

 

 

また、今回は、JATTOOLS(ツール)、JATLAW(法律)、JATPHARMA(医薬)、JATINT(通訳)、JATENT(エンターテイメント)、JATTIP(自主出版)などのJATの分野別分科会(SIG)による専門的なセッションも行われ、ツール、ビジネスノウハウ、ライフスタイル、通訳専用のトラックも設けられました。

 

 

さらに、ネットワーキングの機会も数多く用意され、SIGなどのボランティアによるネットワーキング・ランチでは、初参加者、金融/経済、IT、ライフスタイル、居住地ベースなど、小さなグループに分かれての交流の場がもたれました。土曜日のネットワーキング・ディナーでは、スポンサー提供による豪華景品の当たる抽選会や第10回新人翻訳者コンテストの授賞式も行われました。

 

 

おかげさまで、大切な節目にあたる今回のIJETをつつがなく終えることができました。実行委員一同、講演者、参加者、スポンサー(ページ左のスポンサーのバナーをぜひクリックしてください)、そして数多くのボランティアの皆さまに、あらためて感謝申し上げます。また、この場をもちまして、スーパープラチナムスポンサーとして絶大なサポートをいただきましたTranslation Business Systems Japan (TBSJ)様に心より御礼申し上げます。

 

 

次回のIJETはJAT設立30周年を記念し、2015年6月20日~21日にイングランド北部の歴史ある美しい街ヨークで盛大に開催される予定です。

後援・協賛 - IJET-25 (東京)